mainimage

由緒

タイトル
  • History
  • Geschichye
  • L'Histoire
  • 历史
  • 歷史
  • 유래
  • 由緒

天平(てんぴょう)十三年(七四一年)能登国(のとくに)が越中国(えっちゅうこく)の一部であった時代、越中国の一宮は現在の気多大社(けたたいしゃ)であった。
気多大社が中央の文献に初めて見えるのは『万葉集(まんようしゅう)』である。天平二十年(七四八)、越中守大伴家持(おおとものやかもち)が出挙(すいこ)のため能登を巡行したとき、まず本社に参詣(さんけい)して、「之乎路(しをぢ)から直超え(ただこえ)来れば羽咋(はくい)の海朝凪ぎ(あさなぎ)したり船楫(かぢ)もがも」と詠んだ。本社がいかに重んじられ、のちに能登の一の宮となる神威を当時すでに有していたことがわかる。
北陸の一角にありながら朝廷の尊崇(そんすう)が厚く、神護景雲(じんごけいうん)二年(七六八)に封戸(ふこ)二十戸と田二町を寄せられ、しばしば奉幣(ほうへい)を受けた。斉衡(さいこう)二年(八五五)には神宮寺(じんぐうじ)に常住(じょうじゅう)僧が置かれ、神階(しんかい)も累進(るいしん)して貞観(じょうがん)元年(八五九)には正二位勲一等から従一位にのぼっている。このような国家の厚遇(こうぐう)は、東北経営、あるいは新羅(しらぎ)や渤海(ぼっかい)を中心とした対外関係とも無縁ではあるまい。能登半島の要衝(ようしょう)に鎮座(ちんざ)する気多大社の神威が中央国家に及んでいたのである。近年、南方八〇〇メートルの地に発見された寺家遺跡は縄文前期から中世にわたり、大規模な祭祀関係の出土品や遺構(いこう)類は気多大社とのかかわりあいをしのばせる有力な資料となっている。 延喜(えんぎ)の制では名神大社(みょうじんたいしゃ)に列して祈年の国幣(こくへい)にあずかった。「神名帳(じんみょうちょう)」によれば、気多神社と称するものが但島、能登、越中、越後(居多神社(こたじんじゃ)と称する)にあるほか、加賀には気多御子神社があり、国史見在社として越前に気多神社がある。日本海沿岸にひろく気多の神が祭られていたことを知ることができ、古代における気多大社の神威がしのばれる。

建保(けんぽう)五年(一二一七)将軍源実朝(みなもとのさねとも)が公田(こうでん)として十一町余を寄進したが、古代の封戸(ふこ)などによる神領であったろう。中世末期には、九百八十俵と五十六貫余の社領を有していた。能登の守護畠山氏の社領の寄進、社殿の造営などが見られる。今も遺る(のこる)摂社(せっしゃ)若宮神社(国指定重要文化財)は畠山氏の再建で、石川県の中世建造物として重視される。
近世は、前田利家をはじめ歴代の藩主が崇敬し、社領三百五十石を寄進したほか、祈願、祈祷はもとよりしばしば社殿の造営をした。本殿(大己貴命(おおなむちのみこと))、拝殿、神門、摂社若宮神社(事代主命(ことしろぬしのみこと))、摂社白山神社(以上国指定重要文化財)、神庫、随身門(ずいしんもん)(ともに県指定文化財)がそれである。
加賀藩の保護した社叢(しゃそう)(国指定天然記念物)には奥宮(素戔嗚尊・櫛稲田姫命スサノオは、息子の五十猛神(いそたけるのかみ)と共に土船で東に渡り出雲国斐伊川(ひいかわ)上の鳥上(とりかみ)の峰へ到った後八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した。そのとき五十猛神が天から持ち帰った木々の種を、大八洲(おおやしま、本州のこと)に植えたので、大八州は山の地になったと言う。)が鎮座し、「入らずの森」(昭和五十八年五月二十二日、全国植樹祭に御来県の昭和天皇が本社に行幸された。入らずの森にお踏み入りになり御製をお詠みになりました。「斧入らぬみやしろの森めづらかにからたちばなの生ふるを見たり」決してみだりに採取などあそばさない。それぞれの植物が、平穏に生存をつづけ、その場所の植物相がいつまでも変わらないようにお祈りになっているからである。「斧入らぬみやしろの森」は、そのところのおよろこびなのである。)と呼ばれる聖域となっている。明治四年(一八七一)に国幣中社、大正四年(一九七一)には国幣大社となり、現在も北陸道屈指の大社として知られる。

年中祭事記

タイトル
一月 元旦祭(一日)
門出式(十一日)
奥津島社例祭(十一日)
二月 月次祭(一日)
ついたち結び(一日)
紀元祭(十一日)
祈年祭(十七日)
若宮社例祭(二十日)
菅原社例祭(二十五日)
三月 月次祭(一日)
ついたち結び(一日)
楊田社例祭(三日)
平国祭おいでまつり(十七〜二十三日)
四月 月次祭(一日)
ついたち結び(一日)
例大祭(三日)
鎮花祭(四日)
太玉社例祭(四日)
五月 月次祭(一日)
御贄祭(一日)
ついたち結び(一日)
白山社例祭(一日)
若宮社月次祭(一日)
六月 月次祭(一日)
ついたち結び(一日)
大祓式(三十日)
七月 月次祭(一日)
ついたち結び(一日)
八月 月次祭(一日)
心むすび大祭(十三・十四日)
九月 月次祭(一日)
御贄祭(一日)
ついたち結び(一日)
白山社例祭(一日)
若宮社月次祭(一日)
十月 月次祭(一日)
ついたち結び(一日)
神宮祭(十七日)
若宮社月次祭(一日)
十一月 月次祭(一日)
ついたち結び(一日)
七五三参り(一〜三十日)
新嘗祭(二十三日)
印鑰社例祭(三十日)
十二月 月次祭(一日)
ついたち結び(一日)
鵜祭(十六日)
清殿祭(二十日)
いらずの森氣の葉祭
(二十九・三十・三十一日)
大祓式(三十一日)
奥宮例祭(三十一日)
大多毘社例祭(三十一日)
除夜祭(三十一日)
平国祭イメージ
平国祭イメージ

平国祭

タイトル

石川県七尾市の所口にある気多本宮へ渡御する大規模な神幸祭で、現在は三月十八日から二十三日まで、羽咋・ 鹿島郡内の二市五町を回る。神輿の長い行列が早春の能登路を巡行し、一般には「おいで祭り」と呼ばれる。沿道には人々が集まり、神幸を迎える。「寒さも気多のおいでまで」といわれ、神が民衆の中においでになり一体となる能登の春祭りとして親しまれている。
注目したいのは、往路の二十一日、鹿西町金丸の宿那彦神像石神社に一泊し、翌日同社の少彦名命が神輿に同座して七尾の気多本宮に赴き、一泊して祭典を営んでから帰途につくことである。気多大社の大国主神が少彦名命とともに能登を平定した往時をしのぶ行事だといわれている。

帰社した神輿は四月三日の例大祭まで拝殿に安置され、平国祭がそれまで連続していると伝える。例大祭には境内で蛇の目の的を神職が弓で射、槍で突き、太刀で刺す行事があり、祭神が邑知潟にすむ毒蛇を退治した状況を模したものだと説かれているが、古記録にいれ ば、流鏑馬神事が歩射となったものであることが知られる。昭和六十三年からはその流鏑馬神事が四百五十年ぶりに復活され、古式に従って執り行われた。平国祭は気多大社鎮祭の由来を伝える重儀で、祭祀の性質としては祈年祭に属する。まことに 大規模な渡御祭として全国的にも注目される。

鵜祭イメージ
鵜祭イメージ

鵜祭 重要無形民俗文化財

タイトル

十二月十六日未明の神事である。これより前、遠く七尾市の鵜浦町で生け捕った一羽の鵜を、同地の鵜捕部三人 が鵜籠に入れ、二泊三日の道中をして十四日の夕方ごろ神社に到着し、鵜は餌止めとなる。鵜は生け捕られた瞬間から神となり、鵜様と呼ばれ、道中では民衆が 「鵜様を拝まずに新年は迎えられん」と手を合わす。
十六日午前三時すぎ神社で祭典があり、祝詞奉上、撤饌がすむと、本殿内の灯火だけを残して消灯し、四辺は暗 黒となる。鵜捕部が鵜籠を本殿前方に運び、神職との間に問答がかわされる。やがて、「鵜籠を静かにおろし、籠をとりすて、鵜をその所に放てと宣り給う」と おごそかにいわれると、鵜捕部は鵜籠の鵜を本殿に向かって放つ。
鵜は本殿の灯火をしたって昇り、殿内の台にとまると取り押え、海浜に運ばれて放たれる。鵜は闇空に飛びたち、行くえも知れず消え失せるのである。

鵜祭りの由来は明らかでない。神社の所伝によれば、祭神の大国主神が神代の昔、初めて七尾市鵜浦町の鹿島に 来着したとき、同地の御門主比古神が鵜を捕らえて捧げた故事によるとか、あるいは同地の櫛八玉神が鵜に化して海中の魚を捕って献上した故事にもとづくと説かれている。神秘的な行事ではあるが、気多大社の年中祭祀上から大観すると、新嘗祭(十一月二十三日)中の神事だったのである。平国祭から例大祭(四月三日)に連なる行事が、祈年祭(二月十七日)の性格を有するのと対比して考えるべきであろう。
なお当夜、鵜の神前への進み具合によって年の吉凶を占う習俗が古くからあった。加賀藩祖の前田利家は、鵜祭りの行事を重んじ、天正十三年(一五八五)に鵜捕部へ鵜田二反を寄進しているほどであるが、鵜祭りの鵜が例年にまさって神前によく進んだことを聞き、「国家之吉事、不可過之候」と喜んだ書状が大社にある。
この神事を脚色した能の「鵜祭」があり、もっぱら金春流で行われたことは注目すべきことである。

交通のご案内

タイトル
石川県地図

鉄道ご利用の場合

  • ■東京-羽咋(3時間10分)
    東京→北陸新幹線→金沢→七尾線→羽咋
  • ■大阪-羽咋(3時間20分)
    大阪→特急サンダーバード・雷鳥→金沢→七尾線→羽咋
  • ■名古屋-羽咋(3時間30分)
    名古屋→特急しらさぎ→金沢→七尾線→羽咋

飛行機ご利用の場合

  • ■東京-羽咋(小松空港経由/2時間30分)
    東京→航空機→小松空港→空港バス→金沢→七尾線→羽咋
  • ■東京-羽咋(能登空港経由/2時間)
    東京→航空機→能登空港→ふるさとタクシー→羽咋

マイカーご利用の場合

  • ■東京-羽咋(7時間)
    関越自動車道→北陸自動車道→のと里山海道:柳田I.C.
  • ■大阪-羽咋(4時間30分)
    名神高速→北陸自動車道→のと里山海道:柳田I.C.
  • ■名古屋-羽咋(4時間)
    名神高速→北陸自動車道→のと里山海道:柳田I.C.
  • 氣守
  • 光守

お問い合わせ

タイトル

能登國一宮 氣多大社

ロゴ

〒925-0003 石川県羽咋市寺家町ク1-1
[電話]0767-22-0602
[ファックス]0767-22-5515
[メール]info@keta.jp